墓石・石材のことなら岡山県倉敷市の赤沢石材工業へ

墓石に使われる石材の特徴とは? 国産と外国産どちらを選ばいい?

墓石に使われる石材の種類は、数多くあります。
どの石材を用いるかで、お墓のデザインや雰囲気は大きく変わってきます。
今回は、墓石に使われる石材の特徴と、石材を選ぶ前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

まずは知っておきたい、墓石に使われる石材の大前提~墓石の数は何種類?

個別の「墓石に使われる石材」について触れる前に、まずはこれの基礎知識から紹介していきます。

墓石に使われる石材の数は、300種類以上にも上ります。
非常に多くの種類があり、国内外でとられた石材が利用されているのです。
墓石のカタログを見れば、この数百種類の石材が紹介されているのがわかるはずです。

しかしながら、実際に墓石に使われている石材の種類は決して多くはありません。
お店によっても違いますが、一般的な取り扱い石材の数(種類)は、30~40種類程度だとされています。
そのなかでも特に有名なものに限った場合、わずか10種類程度に絞られます。

墓石に使われる石材の種類は数多くありますが、なかには非常に扱いの難しい石材もあります。
石材は自然が生み出すものですから、「サンプルで見たときの色味はすばらしかったが、実際に切り出したものを見ると色がくすんでいた」「墓石に適さないものだった」ということがありえます。
また、「品質の良い石材を、安定的に供給してくれる採掘場」はそれほど多くはありません。
このためどうしても、「墓石の候補となる石材はたくさんあっても、実際に『使える』石材はそう多くない」という状況になってしまうわけです。

国産と外国産、どちらを選ぶべきか? その違いについて

さて、墓石に使われる石材は、大きく分けて、「国産(国内産)」と「外国産」に分けられます。
この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

国産(国内産)の石材の特徴と魅力

一般的に、国産(国内産)の石材の方が、品質的には優れているといわれています。
もちろんそれぞれの石材の値段にもよりますが、日本で育てられた石材は安定した品質を誇っており、数百年経っても劣化しにくいのです。
また、これを加工する業者もノウハウを持っているため、高品質で高価格な墓石となります。

もうひとつの魅力として挙げられるのは、「日本で採掘された石材は、日本の風土によく合っている」ということです。
これは石材に限ったことではなく住宅で使われる木材などにも同じことがいえますが、「その土地で育まれた自然のもの」は、もっともよくその土地の風土を反映し、またその土地によく適応します。
そうでなければ、時間の経過とともに駆逐されていってしまうからです。
日本で生まれた石材は日本の風土や気候によくなじみ、経年を伴っても傷みにくいという特徴があるのです。

日本で採取される石材は、「日本のお墓」によく合う柔らかい色合いのものが多く、日本人の好みに合いやすいという特徴を持っています。

このような特徴を持っているため、品質にこだわる人の場合は「多少高くても、また同じような種類の石材であっても、外国産ではなく国産(国内産)を希望する」というケースも多く見られます。

海外産の石材の特徴と魅力

現在は、お墓の石材も海外からやってくる時代です。
日本以外の国からやってくる石材を、まとめて「海外産の石材」とします。

海外産の石材に共通する特徴として、「金額が安い」というものがあります。
これは海外産石材の最大にして最高のメリットだといえるでしょう。
日本産の石材は希少価値が高く、その分値段も高くなりがちです。
しかし海外産の石材の場合は、日本産のものよりもずっと値段が安く買いやすいのです。
このようなことから、海外産の石材は一定の人気を得ています。
特に、「費用をかけたくない」、「一代限りのお墓で構わない」などのように考えている人にとっては、海外産の石材を使った墓石は選択肢の筆頭に上がってくることでしょう。

また、海外産の石材の場合、非常に種類が豊富です。
世界各国から入ってくるため、「青色や緑色の石が欲しい」「きれいな石目が入っているものが良い」「値段がそこそこ安くて、品質がそこそこ高いものが良い」などのように、細かい注文や希望にも答えられやすくなっています。
海外と繋がりのあった人などは、若いときに自分が住んでいた思い出の国の石材を、墓石としても良いかもしれません。

ただ海外産の石材の場合、品質に大きなばらつきがみられます。
物によっては低品質なものもありますし、国ごとの違いも大きいといえます。
そのため海外産の石材を希望するのであれば、事前に勉強しておくことが必要です。

墓石の値段を決めるもの

「海外産の石材の方が安く、また国産(国内産)の方が品質が良い」としてきましたが、「安いもの=悪いもの」とも言い切れません。
海外産の石材は、発掘のための人件費が安く、また希少性が低いということで安くなっている部分もあるからです。
特定の国(中国など)の石材の場合は、きちんと選べば日本の石材とあまり品質が変わらないのではないかとする説もあります。
加えて、同じ国で作られたものであっても、そこに「企業努力」などが加わるため、値段の高さと品質の良し悪しは必ずしも一致しないのです。

ただ、このような点を正確に把握するのはなかなか難しいのが現状です。
特に墓石を見慣れていない人にとっては、「どれが良くてどれが悪いかなど、現物を見ても分からない」というケースも多いことでしょう。
そのような場合は、当社に何でもお問い合わせください。
公平な視点から、プロとしてお客様の質問にお答えしていきます。

「お墓」は、私たちが最後に住むことになる家のようなものです。
自分自身の、あるいは自分たちにとって大切な人の好みに合わせた墓石を選んでいきたいものです。
そしてそのためには、「墓石」にまつわる知識をしっかりつけることが求められます。
当社はそんなお客様の「わからない」「困った」に寄り添い、最適な墓石選びのお手伝いをしていきます。

岡山県倉敷市の石材店の無料相談 岡山県倉敷市の石材店の資料請求
岡山県倉敷市の赤沢石材のお問い合わせ 岡山県倉敷市の赤沢石材の資料請求